Ableton LiveとPushの音楽制作ガイド本がKindle Unlimitedで読み放題

ビート制作やライブ活動を始めたい方へ朗報!フィンガードラマー/パッド叩きストの超定番アイテムのPushが気になっていたならチェック。
SHARE
2019.11.19 04:00

ビート制作にもライブにも対応出来る音楽制作ソフトAbleton Liveと64パッドの純正LiveコントローラーPushでの音楽制作ガイド本『Ableton認定トレーナーが書いたPushで音楽制作!!〜入門編〜』がリリースされた。


この組み合わせは、ビートを作ることとライブをすることを両立するユーザーにとって最高の組み合わせ。これまで曲を作るためのDAWソフトガイド本は多くリリースされていいたが、64パッドコントローラーありきでの組み合わせでの入門書は知る限り日本初ではないだろうか。


まずは64パッド叩き動画の中でも人気の映像をいくつか見てみよう。








本書ではこんな風にAbleton Liveを使いこなしてビート作りやビートメイカーらしいパッド叩きライブをやってみたいと思いながらもまだライブには至っていない、そもそもやりたくても何をどうすればいいのかサッパリ、、という方へは最適な入門書となっている。もちろんリアルタイムにフレーズを叩けなくても、Ableton LiveではDJをする感覚でループさせたフレーズを重ねたり抜いたりしながら曲を構築するような手法でライブも曲作りも出来るので安心してほしい。


著者はAbleton認定トレーナーのAKIM氏。Amazon Kindle本としてリリースされており、Kindle Unlimitedのユーザーは読み放題対象。

ちなみにKindle Unlimitedは音楽制作やミックス・マスタリングといったエンジニアの技術まで良質な本がかなりそろっており、実はDAWの勉強にかなり使える。


接続や設定など誰もが躓く部分から細かく解説


本書ではソフトなどの使い方だけでなく、設定方法やオーディオの接続などの誰もが絶対に悩む部分から親切な解説がはいっており、まったくゼロから始める方にも優しい内容になっている。





Ableton Liveの操作とPushをあわせて、写真や動画で解説


Kindle本のいいところとして、動画リンクもはさみながら写真や文章ではわかりづらい部分を解説しており、PushとLive両方の操作を習得できるようになっている。通常のガイド本ではあまり詳しくは解説されないコントローラーの使い方も詳しく一緒に解説してくれているのは非常にわかりやすい。


Sakura Tsurutaによる解説動画もおすすめ


うーん興味あるけどまだ悩むな、、という方へはSakura Tsurutaの動画もおすすめ。Ableton公式のYoutubeでもPushやLive使用を使用するクリエイターによる使用方法やライブ動画を公開しており、ここ最近ではMutekへの出演でも知られるSakura Tsurutaによるライブパフォーマンスの解説動画をアップしている。ライブパフォーマンス時の準備や流れを親切に解説しており、難しそうに見えるライブパフォーマンスの一つ一つの動作を紐解いて見せているので、見てるとなんだか出来そうな気がしてしまう。




オリジナルのビートを作ってライブもしたいビートメイカーには最適な機材


ビート制作用の機材は沢山リリースされているが、トラックを作るだけでなくミックスやマスタリングといった楽曲を完成形に持っていくところまでの機能があり、かつライブにも使える機材としてAbleton Live + Pushはオンリーワンといえる存在。PushはLiveの入門版となるintroが付属して10万円ほどで、使いこなせるかわからない状態だと勇気のいる値段だが、入門書もリリースされたので今まで思いとどまっていた方や、使っているけど自己流で使いこなせているか不安、という方は一度この入門書を手に取ってほしい。


written by Yui Tamura


source:

https://akim.fun/ableton-for-band/push2-basic-kindle/

photo:

https://youtu.be/ABvGpcubV-w





SHARE